渡嘉敷島のダイビングポイント

激流のドリフトポイントです。渡嘉敷島に沿って流れる潮が運瀬の岩に当たり巻いてます。その潮に運ばれた豊富なプランクトンを狙い非常に濃い魚影を作っています。

運瀬

激流のドリフトポイントです。渡嘉敷島に沿って流れる潮が運瀬の岩に当たり巻いてます。その潮に運ばれた豊富なプランクトンを狙い非常に濃い魚影を作っています。

慶良間(ケラマ)/渡嘉敷島

運瀬

エントリー:
ボート

伊豆半島にある安良里というポイントと似た光景で砂地が広がっていることから、アラリと呼ばれるようになりました。

アラリ

伊豆半島にある安良里というポイントと似た光景で砂地が広がっていることから、アラリと呼ばれるようになりました。

慶良間(ケラマ)/渡嘉敷島

アラリ

エントリー:
ボート

渡嘉敷島の東側にあるポイントです。一軒家ほどの大きさの根があり、岩肌にはたくさんのイソバナがつき、キンギョハナダイたちが群れをなし暮らしています。

カミグスク

渡嘉敷島の東側にあるポイントです。一軒家ほどの大きさの根があり、岩肌にはたくさんのイソバナがつき、キンギョハナダイたちが群れをなし暮らしています。

慶良間(ケラマ)/渡嘉敷島

カミグスク

エントリー:
ボート

渡嘉敷島の東側にあるポイントです。潮の流れにのって運ばれてくる豊富な栄養を受け、大きく育ったイソバナがあり、その周りにはスズメダイやハナミノカサゴたちが集まっています。

アカンマ

渡嘉敷島の東側にあるポイントです。潮の流れにのって運ばれてくる豊富な栄養を受け、大きく育ったイソバナがあり、その周りにはスズメダイやハナミノカサゴたちが集まっています。

慶良間(ケラマ)/渡嘉敷島

アカンマ

エントリー:
ボート

サンゴの森。真っ白な砂地に横たわる東西に数百m伸びる根の上は一面がエダサンゴにおおわれています。そのサンゴの上には数百〜数千のデバスズメダイが踊るように群れいます。

野崎

サンゴの森。真っ白な砂地に横たわる東西に数百m伸びる根の上は一面がエダサンゴにおおわれています。そのサンゴの上には数百〜数千のデバスズメダイが踊るように群れいます。

慶良間(ケラマ)/渡嘉敷島

野崎

エントリー:
ボート

アリガーの南に位置するため、アリガー南と呼ばれています。アリガーに比べ、エントリーできるエリアの水深が深く流れも出やすいので、中級者向けです。

アリガー南

アリガーの南に位置するため、アリガー南と呼ばれています。アリガーに比べ、エントリーできるエリアの水深が深く流れも出やすいので、中級者向けです。

慶良間(ケラマ)/渡嘉敷島

アリガー南

エントリー:
ボート

海底に島と島を結ぶケーブルがひかれていることから、アリガーケーブルと呼ばれることもあります。ケーブルにそって沖へ泳ぐと、水深25mに『沖の根』があります。

アリガー

海底に島と島を結ぶケーブルがひかれていることから、アリガーケーブルと呼ばれることもあります。ケーブルにそって沖へ泳ぐと、水深25mに『沖の根』があります。

慶良間(ケラマ)/渡嘉敷島

アリガー

エントリー:
ボート