アリガーの南に位置するため、アリガー南と呼ばれています。アリガーに比べ、エントリーできるエリアの水深が深く流れも出やすいので、中級者向けです。

慶良間(ケラマ)/渡嘉敷島

アリガー南

アリガー南のイメージ

アリガーの南に位置するため、アリガー南と呼ばれています。
アリガーに比べ、エントリーできるエリアの水深が深く、流れも出やすいポイントですので、エントリーから潜降の基本技術のできる中級者からトライするのが安全でしょう。
沖海中の地形は、岸側から指状に幾本もの根が沖側の砂地へ向かって伸びています。
沖へ伸びる根の上にはイソバナがついていて、タテジマキンチャクダイやサザナミヤッコなども多くとても鮮やかな景色が楽しめます。また、水深2m〜5mほどの浅い根の上では、ウミガメがよく休んでいることがあります。

エントリー ボート
レベル 初級者〜
最大水深 30m

アリガー南の地図

アリガー南が得意な
ダイビングショップ

那覇ダイビングショップ パライソでは、ダイビングサポート、…

More