沖縄全域

Okinawa
Main
Islands

沖縄全域

およそ160の島々から成る沖縄は、温帯である日本列島の中で唯一亜熱帯気候に属している県です。1年を通して温暖で日中の平均海水温は真冬でも20度を切る事は多くありません。そのため沖縄県は1年を通して多くのダイバーが訪れています。
亜熱帯の森やリゾートタウン等エリア毎に違った特色を見せる沖縄本島や、世界でも屈指の透明度「ケラマブルー」を誇る慶良間諸島。サンゴ礁に囲まれたリゾートアイランド石垣島と、原風景が残る大小の島々から形成される八重山列島や、「宮古ブルー」とも呼ばれる澄んだ青い海を持つ宮古島、その周囲に浮かぶ手付かずの自然と神秘が残る島々から形成される宮古列島を持ちます。

豊富なダイビングポイントでは美しく透き通ったマリンブルーの海は勿論、温暖な海域独特の色鮮やかな熱帯魚が豊富に群れ、場所によってはマンタやウミガメ、運が良ければジンベイザメと出会える事もできます。
沖縄の海の魅力をチェックして、自分の好きな特徴やエリアからダイブしたいポイントを探してみてください。

サンゴのダイビングポイント

深い海とダイナミックな景観に魅せられる中級者以上向けのポイント

ウドゥイガマ

深い海とダイナミックな景観に魅せられる中級者以上向けのポイント

沖縄本島エリア/恩納村・北谷町(中部)

ウドゥイガマ

エントリー:
ビーチ

サンゴや岩の根が広がり、その間を真っ白な砂がハイウェイのように伸びています。流れの強いことが多く、砂の道を一直線に流されていく爽快感があります。

サンドハイウェイ

サンゴや岩の根が広がり、その間を真っ白な砂がハイウェイのように伸びています。流れの強いことが多く、砂の道を一直線に流されていく爽快感があります。

エントリー:
ボート

東西に1km以上に細長く伸びるナガンヌ島の北側の広ろがるエリアの総称です。水深5m~10mほどの浅い岩場を沖へいくと、ランニングエッジと呼ばれるにドロップオフが現れます。

ナガンヌ島北ランニングエッジ

東西に1km以上に細長く伸びるナガンヌ島の北側の広ろがるエリアの総称です。水深5m~10mほどの浅い岩場を沖へいくと、ランニングエッジと呼ばれるにドロップオフが現れます。

エントリー:
ボート

神山島は、那覇からボートで20分~30分ほどでつく無人島です。海の中は、クレバスや洞窟が多くありその間を迷宮のように進むことから、ラビリンスと呼ばれています。

神山島南ラビリンス

神山島は、那覇からボートで20分~30分ほどでつく無人島です。海の中は、クレバスや洞窟が多くありその間を迷宮のように進むことから、ラビリンスと呼ばれています。

エントリー:
ボート

パライソとは。パラダイス・楽園のスペイン語。真っ白な砂地が広がるとても美しく、まさに楽園のように癒されるポイントです。

パライソ

パライソとは。パラダイス・楽園のスペイン語。真っ白な砂地が広がるとても美しく、まさに楽園のように癒されるポイントです。

慶良間(ケラマ)/その他全域

パライソ

エントリー:
ボート

儀志布島と渡嘉敷島の間のポイントです。砂地が沖へ向かって三角形に広がることから、サンドトライアングルと名付けられました。

サンドトライアングル

儀志布島と渡嘉敷島の間のポイントです。砂地が沖へ向かって三角形に広がることから、サンドトライアングルと名付けられました。

慶良間(ケラマ)/その他全域

サンドトライアングル

エントリー:
ボート

カメパラダイスの北に位置するポイントです。やはりこちらにもウミガメが多く住んでいるので、『カメハウス』と呼ばれることもあります。

儀志布西

カメパラダイスの北に位置するポイントです。やはりこちらにもウミガメが多く住んでいるので、『カメハウス』と呼ばれることもあります。

慶良間(ケラマ)/その他全域

儀志布西

エントリー:
ボート

自津留島と先端の岩との間が離れ、水路になっています。水路で集められた流れが、豊富な栄養を運び、サンゴや魚たちを育てています。

自津留水路

自津留島と先端の岩との間が離れ、水路になっています。水路で集められた流れが、豊富な栄養を運び、サンゴや魚たちを育てています。

慶良間(ケラマ)/その他全域

自津留水路

エントリー:
ボート

慶良間のなかでも、屈指の人気ポイントです。島近くの浅い場所では、サンゴとキンギョハナダイやスズメダイが群れ、細いクレバスの中に進むとネムリブカの巣があります。

黒島北

慶良間のなかでも、屈指の人気ポイントです。島近くの浅い場所では、サンゴとキンギョハナダイやスズメダイが群れ、細いクレバスの中に進むとネムリブカの巣があります。

慶良間(ケラマ)/その他全域

黒島北

エントリー:
ボート

トウマ浜の端と、アイダーの中間に位置することから、『アイダアイダー』と呼ばれるようになりました。なだらかに落ちる砂地が広がっています。

アイダアイダー

トウマ浜の端と、アイダーの中間に位置することから、『アイダアイダー』と呼ばれるようになりました。なだらかに落ちる砂地が広がっています。

慶良間(ケラマ)/座間味島

アイダアイダー

エントリー:
ボート