フィッシュウォッチングのダイビングポイント

ナガンヌ島の南側に、無人島上陸ツアー用の船がつく桟橋があります。その南側には、ウミガメの住むなだらかな岩場と砂地が広がっています。

ナガンヌ島桟橋前

ナガンヌ島の南側に、無人島上陸ツアー用の船がつく桟橋があります。その南側には、ウミガメの住むなだらかな岩場と砂地が広がっています。

エントリー:
ボート

東西に1km以上に細長く伸びるナガンヌ島の北側の広ろがるエリアの総称です。水深5m~10mほどの浅い岩場を沖へいくと、ランニングエッジと呼ばれるにドロップオフが現れます。

ナガンヌ島北ランニングエッジ

東西に1km以上に細長く伸びるナガンヌ島の北側の広ろがるエリアの総称です。水深5m~10mほどの浅い岩場を沖へいくと、ランニングエッジと呼ばれるにドロップオフが現れます。

エントリー:
ボート

神山島は、那覇からボートで20分~30分ほどでつく無人島です。海の中は、クレバスや洞窟が多くありその間を迷宮のように進むことから、ラビリンスと呼ばれています。

神山島南ラビリンス

神山島は、那覇からボートで20分~30分ほどでつく無人島です。海の中は、クレバスや洞窟が多くありその間を迷宮のように進むことから、ラビリンスと呼ばれています。

エントリー:
ボート

パライソとは。パラダイス・楽園のスペイン語。真っ白な砂地が広がるとても美しく、まさに楽園のように癒されるポイントです。

パライソ

パライソとは。パラダイス・楽園のスペイン語。真っ白な砂地が広がるとても美しく、まさに楽園のように癒されるポイントです。

慶良間(ケラマ)/その他全域

パライソ

エントリー:
ボート

儀志布島と渡嘉敷島の間のポイントです。砂地が沖へ向かって三角形に広がることから、サンドトライアングルと名付けられました。

サンドトライアングル

儀志布島と渡嘉敷島の間のポイントです。砂地が沖へ向かって三角形に広がることから、サンドトライアングルと名付けられました。

慶良間(ケラマ)/その他全域

サンドトライアングル

エントリー:
ボート

カメパラダイスの北に位置するポイントです。やはりこちらにもウミガメが多く住んでいるので、『カメハウス』と呼ばれることもあります。

儀志布西

カメパラダイスの北に位置するポイントです。やはりこちらにもウミガメが多く住んでいるので、『カメハウス』と呼ばれることもあります。

慶良間(ケラマ)/その他全域

儀志布西

エントリー:
ボート

自津留島と先端の岩との間が離れ、水路になっています。水路で集められた流れが、豊富な栄養を運び、サンゴや魚たちを育てています。

自津留水路

自津留島と先端の岩との間が離れ、水路になっています。水路で集められた流れが、豊富な栄養を運び、サンゴや魚たちを育てています。

慶良間(ケラマ)/その他全域

自津留水路

エントリー:
ボート

慶良間のなかでも、屈指の人気ポイントです。島近くの浅い場所では、サンゴとキンギョハナダイやスズメダイが群れ、細いクレバスの中に進むとネムリブカの巣があります。

黒島北

慶良間のなかでも、屈指の人気ポイントです。島近くの浅い場所では、サンゴとキンギョハナダイやスズメダイが群れ、細いクレバスの中に進むとネムリブカの巣があります。

慶良間(ケラマ)/その他全域

黒島北

エントリー:
ボート

トウマ浜の端と、アイダーの中間に位置することから、『アイダアイダー』と呼ばれるようになりました。なだらかに落ちる砂地が広がっています。

アイダアイダー

トウマ浜の端と、アイダーの中間に位置することから、『アイダアイダー』と呼ばれるようになりました。なだらかに落ちる砂地が広がっています。

慶良間(ケラマ)/座間味島

アイダアイダー

エントリー:
ボート

冬の大人気ポイントです。トウマ浜の真ん中あたりに位置することから、『アイダー』と呼ばれることもあります。点在する根に魚たちがあつまり、フィッシュウォッチングに最適。

トウマ

冬の大人気ポイントです。トウマ浜の真ん中あたりに位置することから、『アイダー』と呼ばれることもあります。点在する根に魚たちがあつまり、フィッシュウォッチングに最適。

慶良間(ケラマ)/座間味島

トウマ

エントリー:
ボート