洞窟・アーチ・ホールのダイビングポイント

神山島は、那覇からボートで20分~30分ほどでつく無人島です。海の中は、クレバスや洞窟が多くありその間を迷宮のように進むことから、ラビリンスと呼ばれています。

神山島南ラビリンス

神山島は、那覇からボートで20分~30分ほどでつく無人島です。海の中は、クレバスや洞窟が多くありその間を迷宮のように進むことから、ラビリンスと呼ばれています。

エントリー:
ボート

久場島は慶良間諸島の南西に位置する無人島です。那覇からボートでいくと最も遠いエリアになるため、1時間30分ほどかかる最果ての島になります。

久場島南キャニオン

久場島は慶良間諸島の南西に位置する無人島です。那覇からボートでいくと最も遠いエリアになるため、1時間30分ほどかかる最果ての島になります。

慶良間(ケラマ)/その他全域

久場島南キャニオン

エントリー:
ボート

屋嘉比島は慶良間諸島の北西に位置する無人島です。その屋嘉比島の北にいくつもの海底洞窟があり、アドベンチャー気分で洞窟探検を楽しむことができます。

屋嘉比トンネル

屋嘉比島は慶良間諸島の北西に位置する無人島です。その屋嘉比島の北にいくつもの海底洞窟があり、アドベンチャー気分で洞窟探検を楽しむことができます。

慶良間(ケラマ)/その他全域

屋嘉比トンネル

エントリー:
ボート

浅場にはアーチや水路などがあり、波で削られ丸く磨かれた石が転がっています。海底の磨かれた石の照り返しもあり、とても明るく透明度のよいダイビングを楽しむことができるでしょう。

黒島西

浅場にはアーチや水路などがあり、波で削られ丸く磨かれた石が転がっています。海底の磨かれた石の照り返しもあり、とても明るく透明度のよいダイビングを楽しむことができるでしょう。

慶良間(ケラマ)/その他全域

黒島西

エントリー:
ボート

慶良間のなかでも、屈指の人気ポイントです。島近くの浅い場所では、サンゴとキンギョハナダイやスズメダイが群れ、細いクレバスの中に進むとネムリブカの巣があります。

黒島北

慶良間のなかでも、屈指の人気ポイントです。島近くの浅い場所では、サンゴとキンギョハナダイやスズメダイが群れ、細いクレバスの中に進むとネムリブカの巣があります。

慶良間(ケラマ)/その他全域

黒島北

エントリー:
ボート

座間味島の灯台の北になることから、『灯台北』とも呼ばれています。浅い方へいくとクレバスがあり、深い方へいくと、ピグミーシーホースの住むイソバナが生えている。

六番崎

座間味島の灯台の北になることから、『灯台北』とも呼ばれています。浅い方へいくとクレバスがあり、深い方へいくと、ピグミーシーホースの住むイソバナが生えている。

慶良間(ケラマ)/座間味島

六番崎

エントリー:
ボート

ウミガメたちの生息場所。対岸になる儀志布島のカメパラダイスには、タイマイが多いが、ここ七番崎では体の大きなアオウミガメの方が圧倒的に多い。

七番崎

ウミガメたちの生息場所。対岸になる儀志布島のカメパラダイスには、タイマイが多いが、ここ七番崎では体の大きなアオウミガメの方が圧倒的に多い。

慶良間(ケラマ)/座間味島

七番崎

エントリー:
ボート

座間味島の切り立った崖の下にあるポイントです。海中もそのままに、切り立った壁。その壁に中へと続く洞窟があり、晴れた日に裂けた天井から注ぐ光は神秘的。

知志

座間味島の切り立った崖の下にあるポイントです。海中もそのままに、切り立った壁。その壁に中へと続く洞窟があり、晴れた日に裂けた天井から注ぐ光は神秘的。

慶良間(ケラマ)/座間味島

知志

エントリー:
ボート

男岩と書いて『ウガン』と読みます。その名の通り、真っ青な沖縄の海に雄々しくそびえ立つ姿は、威厳すら感じます。

男岩

男岩と書いて『ウガン』と読みます。その名の通り、真っ青な沖縄の海に雄々しくそびえ立つ姿は、威厳すら感じます。

慶良間(ケラマ)/座間味島

男岩

エントリー:
ボート

伊豆半島にある安良里というポイントと似た光景で砂地が広がっていることから、アラリと呼ばれるようになりました。

アラリ

伊豆半島にある安良里というポイントと似た光景で砂地が広がっていることから、アラリと呼ばれるようになりました。

慶良間(ケラマ)/渡嘉敷島

アラリ

エントリー:
ボート