大度海岸は、幕末期の人、ジョン・万次郎がアメリカから帰国の際に上陸したことから、別名ジョン万ビーチとも呼ばれているポイントです。

沖縄本島エリア/南部・離島(南部)

大度海岸

南部・離島(南部)の
ダイビングポイント

大度海岸のイメージ

大度海岸は、幕末期の人、ジョン・万次郎がアメリカから帰国の際に上陸したことから、別名ジョン万ビーチとも呼ばれているポイントです。

インリーフ、アウトリーフとそれぞれの楽しみ方があります。

インリーフでは、水深3mの浅い海で、サンゴや幼魚が多く明るくカラフルな海が楽しめます。

アウトリーフに出るとドロップオフや、大きな根、アーチなどもあり、ウミガメやマダラトビエイとの遭遇率も高く、ダイナミックな海が楽しめます。

干潮時には、インリーフとアウトリーフの間が分断されるため、唯一の水路もインリーフの水が外へ出て行くリーフカレントという流れが出ます。大度海岸でのダイビングは潮汐表のチェックをしてから行くとよいでしょう。

エントリー ボート・ビーチ
レベル 初級者〜
最大水深 25m

大度海岸の地図

大度海岸が得意な
ダイビングショップ

恩納村onna

ソードフィッシュ

ウォーターアドベンチャーワールドソードフィッシュでは、青の…

More

那覇市naha

海風だいばーず

少人数制で安心・安全。ジュニアからシニアまで、ご家族連れか…

More

安全・安心の一組貸切制。 ありのままの自然が残っている沖…

More