大物・魚群のダイビングポイント

幾本ものクレバスが縦横無尽に走っていて、クレバスの横にあいた穴には、ネムリブカの巣などがあります。

黒島南

幾本ものクレバスが縦横無尽に走っていて、クレバスの横にあいた穴には、ネムリブカの巣などがあります。

慶良間(ケラマ)/その他全域

黒島南

エントリー:
ボート

浅場にはアーチや水路などがあり、波で削られ丸く磨かれた石が転がっています。海底の磨かれた石の照り返しもあり、とても明るく透明度のよいダイビングを楽しむことができるでしょう。

黒島西

浅場にはアーチや水路などがあり、波で削られ丸く磨かれた石が転がっています。海底の磨かれた石の照り返しもあり、とても明るく透明度のよいダイビングを楽しむことができるでしょう。

慶良間(ケラマ)/その他全域

黒島西

エントリー:
ボート

黒島の北にある、双子岩『ツインロック』。さらに沖に離れ根があり、それぞれ岩が切り立った崖になっていて、岩から岩へ中層を泳ぎながら飛び移っていくダイナミックなポイントです。

黒島北ツインロック

黒島の北にある、双子岩『ツインロック』。さらに沖に離れ根があり、それぞれ岩が切り立った崖になっていて、岩から岩へ中層を泳ぎながら飛び移っていくダイナミックなポイントです。

慶良間(ケラマ)/その他全域

黒島北ツインロック

エントリー:
ボート

座間味島の灯台の北になることから、『灯台北』とも呼ばれています。浅い方へいくとクレバスがあり、深い方へいくと、ピグミーシーホースの住むイソバナが生えている。

六番崎

座間味島の灯台の北になることから、『灯台北』とも呼ばれています。浅い方へいくとクレバスがあり、深い方へいくと、ピグミーシーホースの住むイソバナが生えている。

慶良間(ケラマ)/座間味島

六番崎

エントリー:
ボート

ウミガメたちの生息場所。対岸になる儀志布島のカメパラダイスには、タイマイが多いが、ここ七番崎では体の大きなアオウミガメの方が圧倒的に多い。

七番崎

ウミガメたちの生息場所。対岸になる儀志布島のカメパラダイスには、タイマイが多いが、ここ七番崎では体の大きなアオウミガメの方が圧倒的に多い。

慶良間(ケラマ)/座間味島

七番崎

エントリー:
ボート

男岩と書いて『ウガン』と読みます。その名の通り、真っ青な沖縄の海に雄々しくそびえ立つ姿は、威厳すら感じます。

男岩

男岩と書いて『ウガン』と読みます。その名の通り、真っ青な沖縄の海に雄々しくそびえ立つ姿は、威厳すら感じます。

慶良間(ケラマ)/座間味島

男岩

エントリー:
ボート

激流のドリフトポイントです。渡嘉敷島に沿って流れる潮が運瀬の岩に当たり巻いてます。その潮に運ばれた豊富なプランクトンを狙い非常に濃い魚影を作っています。

運瀬

激流のドリフトポイントです。渡嘉敷島に沿って流れる潮が運瀬の岩に当たり巻いてます。その潮に運ばれた豊富なプランクトンを狙い非常に濃い魚影を作っています。

慶良間(ケラマ)/渡嘉敷島

運瀬

エントリー:
ボート

渡嘉敷島の東側にあるポイントです。一軒家ほどの大きさの根があり、岩肌にはたくさんのイソバナがつき、キンギョハナダイたちが群れをなし暮らしています。

カミグスク

渡嘉敷島の東側にあるポイントです。一軒家ほどの大きさの根があり、岩肌にはたくさんのイソバナがつき、キンギョハナダイたちが群れをなし暮らしています。

慶良間(ケラマ)/渡嘉敷島

カミグスク

エントリー:
ボート

サンゴの森。真っ白な砂地に横たわる東西に数百m伸びる根の上は一面がエダサンゴにおおわれています。そのサンゴの上には数百〜数千のデバスズメダイが踊るように群れいます。

野崎

サンゴの森。真っ白な砂地に横たわる東西に数百m伸びる根の上は一面がエダサンゴにおおわれています。そのサンゴの上には数百〜数千のデバスズメダイが踊るように群れいます。

慶良間(ケラマ)/渡嘉敷島

野崎

エントリー:
ボート

アリガーの南に位置するため、アリガー南と呼ばれています。アリガーに比べ、エントリーできるエリアの水深が深く流れも出やすいので、中級者向けです。

アリガー南

アリガーの南に位置するため、アリガー南と呼ばれています。アリガーに比べ、エントリーできるエリアの水深が深く流れも出やすいので、中級者向けです。

慶良間(ケラマ)/渡嘉敷島

アリガー南

エントリー:
ボート