沖縄ダイビングwebガイド > ダイビングポイント > 沖縄本島・中部

ダイビングポイントDiving Point

沖縄本島・中部Central Okinawa

万座ドリームホールの写真

万座ドリームホール

万座ドリームホールは、その名の通り穴をくぐる時に願い事をすると叶うと言われています。ですが、あまりの美しさに願い事をするのを忘れてしまうダイバーも多いようです。

ホーシュー北の写真

ホーシュー北

ドロップオフとなり真っ青な世界が待っている。ダイナミックな地形が楽しめ、ときに大物の回遊魚に遭遇することもある。逆立ちで泳ぐことで有名なへコアユの群れを見ることもできる。

ホーシューの写真

ホーシュー

ホーシューとは、そこにある岩がホースシューズと呼ばれる馬のひずめの形に見えることから名付けられたポイントです。
水深4mから一気に40mまで落ちるドロップオフは圧巻です。

アポガマの写真

アポガマ

その昔、恋人達が約束(アポ)をして出会う洞窟(ガマ)が海岸にあることから、アポガマというポイント名が名付けられた場所。ビーチからだと洞窟を抜けてエントリーする。

恩納ポイントの写真

恩納ポイント

恩納ポイントは、ビーチでもボートでもエントリーでき、沖へ伸びる根の間のクレバスやアーチなどの地形も楽しむことができます。

クロスラインの写真

クロスライン

沖縄本島・中部にあるクロスラインとは、海底を何本ものロープが交差していることから呼ばれるようになった名前のポイントです。

なかゆくいの写真

なかゆくい

「なかゆくい」とは沖縄の方言で「ひと休み」という意味。その名の通り浅い砂地でのんびりと過ごすことが出来ます。はじめてのボートダイビングという方にもおすすめです。

山田ポイントの写真

山田ポイント

山田ポイントでは、日本にいるクマノミの全て、クマノミ、ハマクマノミ、セジロクマノミ、ハナビラクマノミ、カクレクマノミ、トウアカクマノミを見ることができます。

真栄田岬の写真

真栄田岬

真栄田岬は、本島ビーチポイントを代表する有名なポイントです。駐車場の広場には有料シャワーが設置されておりダイビング後もとても快適です。

真栄田岬 青の洞窟の写真

真栄田岬 青の洞窟

真栄田岬 青の洞窟は、ダイバーだけでなく、スノーケラーにも高い人気を誇っています。 洞窟の穴から海中を通して入ってきた光が洞窟全体を青く照らす神秘的な景色を見ることができます。

残波岬の写真

残波岬

残波岬は、読谷村にある断崖絶壁の景勝地として有名な観光スポットで、崖の上の景観からも想像できるように迫力あるドロップオフのあるダイビングポイントでもあります。

ジンベイザメダイビングの写真

ジンベイザメダイビング

世界最大の魚類、ジンベイザメと一緒にダイビングができるポイントです。体長8mもある巨大なサメですが、プランクトンを食べるためおとなしい性格をしています。

レッドビーチの写真

レッドビーチ

レッドビーチは沖縄本島の東海岸にある数少ないポイントで、米軍基地がすぐ隣にあり沖縄のリゾートとは違った一面が垣間見ることができます。マクロ探しのダイビングを満喫できます。

イナンビシの写真

イナンビシ(クマノミパラダイス)

イナンビシは嘉手納町の沖にあり、別名クマノミパラダイスと呼ばれ、クマノミ、ハマクマノミ、ハナビラクマノミ、カクレクマノミ、セジロクマノミと5種類のクマノミたちが住んでいます。

水釜の写真

水釜

嘉手納町の水釜は、ビーチからもボートからもエントリーすることができ、真栄田岬や砂辺に比べダイバーも少なく、静かな雰囲気で潜りたい方にオススメのポイントです。

砂辺No.1の写真

砂辺No.1

砂辺は、真栄田岬と並ぶ沖縄本島を代表する有名なポイントです。砂辺No.1は、別名お花畑とも呼ばるほど一面にソフトコーラルが咲き乱れています。

砂辺カリフォルニアサイドの写真

砂辺カリフォルニアサイド

砂辺カリフォルニアサイドは、昔カリフォルニアサイドというレストランの看板の前にあったことからこの名で呼ばれるようになりました。

砂辺浄水場前の写真

砂辺浄水場前

砂辺浄水場前は、砂辺エリアの一番南にあります。沖へ行くと浄水場からの排水用の建造物があり、魚たちが多く集まっている不思議なポイントです。