沖縄ダイビングwebガイド > ダイビングポイント > 慶良間

ダイビングポイントDiving Point

慶良間 渡嘉敷島ケラマ トカシキジマ

アリガーの写真

アリガー

海底に島と島を結ぶケーブルがひかれていることから、アリガーケーブルと呼ばれることもあります。ケーブルにそって沖へ泳ぐと、水深25mに『沖の根』があります。

アリガー南の写真

アリガー南

アリガーの南に位置するため、アリガー南と呼ばれています。アリガーに比べ、エントリーできるエリアの水深が深く流れも出やすいので、中級者向けです。

野崎の写真

野崎

サンゴの森。真っ白な砂地に横たわる東西に数百m伸びる根の上は一面がエダサンゴにおおわれています。そのサンゴの上には数百〜数千のデバスズメダイが踊るように群れいます。

アカンマの写真

アカンマ

渡嘉敷島の東側にあるポイントです。潮の流れにのって運ばれてくる豊富な栄養を受け、大きく育ったイソバナがあり、その周りにはスズメダイやハナミノカサゴたちが集まっています。

カミグスクの写真

カミグスク

渡嘉敷島の東側にあるポイントです。一軒家ほどの大きさの根があり、岩肌にはたくさんのイソバナがつき、キンギョハナダイたちが群れをなし暮らしています。

アラリの写真

アラリ

伊豆半島にある安良里というポイントと似た光景で砂地が広がっていることから、アラリと呼ばれるようになりました。

運瀬の写真

運瀬

激流のドリフトポイントです。渡嘉敷島に沿って流れる潮が運瀬の岩に当たり巻いてます。その潮に運ばれた豊富なプランクトンを狙い非常に濃い魚影を作っています。

▲ ページTOPへ

慶良間 座間味島ケラマ ザマミジマ

男岩の写真

男岩

男岩と書いて『ウガン』と読みます。その名の通り、真っ青な沖縄の海に雄々しくそびえ立つ姿は、威厳すら感じます。

知志の写真

知志

座間味島の切り立った崖の下にあるポイントです。海中もそのままに、切り立った壁。その壁に中へと続く洞窟があり、晴れた日に裂けた天井から注ぐ光は神秘的。

七番崎の写真

七番崎

ウミガメたちの生息場所。対岸になる儀志布島のカメパラダイスには、タイマイが多いが、ここ七番崎では体の大きなアオウミガメの方が圧倒的に多い。

六番崎(灯台北)の写真

六番崎(灯台北)

座間味島の灯台の北になることから、『灯台北』とも呼ばれています。浅い方へいくとクレバスがあり、深い方へいくと、ピグミーシーホースの住むイソバナが生えている。

トウマの写真

トウマ

冬の大人気ポイントです。トウマ浜の真ん中あたりに位置することから、『アイダー』と呼ばれることもあります。点在する根に魚たちがあつまり、フィッシュウォッチングに最適。

アイダアイダーの写真

アイダアイダー

トウマ浜の端と、アイダーの中間に位置することから、『アイダアイダー』と呼ばれるようになりました。なだらかに落ちる砂地が広がっています。

ドラゴンレディの写真

ドラゴンレディ

映画『彼女が水着にきがえたら』の撮影地になり、セットとして使用され座間味村の希望でそのまま残された飛行機からこの名がつきました。

▲ ページTOPへ

慶良間 黒島ケラマ クロシマ

黒島北の写真

黒島北

慶良間のなかでも、屈指の人気ポイントです。島近くの浅い場所では、サンゴとキンギョハナダイやスズメダイが群れ、細いクレバスの中に進むとネムリブカの巣があります。

黒島北ツインロックの写真

黒島北ツインロック

黒島の北にある、双子岩『ツインロック』。さらに沖に離れ根があり、それぞれ岩が切り立った崖になっていて、岩から岩へ中層を泳ぎながら飛び移っていくダイナミックなポイントです。

黒島西の写真

黒島西

浅場にはアーチや水路などがあり、波で削られ丸く磨かれた石が転がっています。海底の磨かれた石の照り返しもあり、とても明るく透明度のよいダイビングを楽しむことができるでしょう。

黒島南の写真

黒島南

幾本ものクレバスが縦横無尽に走っていて、クレバスの横にあいた穴には、ネムリブカの巣などがあります。

黒島立標の写真

黒島立標

マンタが現れるため、夏から秋にかけて人気が高いポイントです。黒島の南にある水面ぎりぎりの岩。その岩に船がぶつかって座礁しないようにと、目印に立っているのが立標です。

▲ ページTOPへ

慶良間 自津留島ケラマ ジツルジマ

自津留の写真

自津留

儀志布島のすぐ北にある小さな島。先端の岩の下にはイソバナとキンギョハナダイたちが、真っ赤に彩っています。

自津留水路の写真

自津留水路

自津留島と先端の岩との間が離れ、水路になっています。水路で集められた流れが、豊富な栄養を運び、サンゴや魚たちを育てています。

▲ ページTOPへ

慶良間 儀志布島ケラマ ギシップジマ

カメパラダイスの写真

カメパラダイス

名前の通りのポイントです。多くのウミガメが生息しています。多い時では1Diveの間に10匹以上のウミガメに出会うこともあるほどです。

儀志布西の写真

儀志布西

カメパラダイスの北に位置するポイントです。やはりこちらにもウミガメが多く住んでいるので、『カメハウス』と呼ばれることもあります。

サンドトライアングルの写真

サンドトライアングル

儀志布島と渡嘉敷島の間のポイントです。砂地が沖へ向かって三角形に広がることから、サンドトライアングルと名付けられました。

▲ ページTOPへ

慶良間 前島ケラマ マエジマ

パライソの写真

パライソ

パライソとは。パラダイス・楽園のスペイン語。真っ白な砂地が広がるとても美しく、まさに楽園のように癒されるポイントです。

▲ ページTOPへ

慶良間 阿嘉島ケラマ アカジマ

阿護の曲の写真

阿護の曲

穏やかに広がる砂地には、骨まで透明なスカシテンジクダイが群れや、カクレクマノミが暮らす根がいくつかあります。

▲ ページTOPへ

慶良間 屋嘉比島ケラマ ヤカビジマ

屋嘉比トンネルの写真

屋嘉比トンネル

屋嘉比島は慶良間諸島の北西に位置する無人島です。その屋嘉比島の北にいくつもの海底洞窟があり、アドベンチャー気分で洞窟探検を楽しむことができます。

▲ ページTOPへ

慶良間 久場島ケラマ クバジマ

久場島南の写真

久場島南キャニオン

久場島は慶良間諸島の南西に位置する無人島です。那覇からボートでいくと最も遠いエリアになるため、1時間30分ほどかかる最果ての島になります。

▲ ページTOPへ

慶良間 離れ根ケラマ ハナレネ

沖山(ウチザン)の写真

ウチザン

沖山(ウチザン)は、前島と渡嘉敷島の間にある露出岩です。島と島の間の大きな水路の中にあるため、強い流れがでることが多いポイントです。

下曽根の写真

下曽根

慶良間最果ての島。久場島よりさらに南にいくと下曽根があります。イソマグロ、グルクン、魚たちのカーテンで奥が見えなくなってしまうほどの魚影です。