沖縄ダイビングwebガイド > ダイビングポイント

ダイビングポイントDiving Point

ダイビングマップDiving Map

沖縄本島・北部Nothern Okinawaダイビングポイント一覧 >>

海底鍾乳洞のある辺戸岬ドーム。第二次世界大戦中に撃沈された戦艦USSエモンズ。特色の強いポイントが多いです。

北風の強い冬場には、穏やかなゴリラチョップにダイバーたちが集まります。

アクセスは、那覇から約2時間。恩納村から約1時間です。

▲ ページTOPへ

沖縄本島・中部Central Okinawaダイビングポイント一覧 >>

沖縄本島で、最もダイビングポイントが多いエリアです。

真栄田岬。青の洞窟。砂辺などの有名なポイントも沖縄本島・中部エリアに集まっています。

ポイントの数も多く、砂地、岩場、洞窟など様々な水中景観やその様々な地形に集まる多く魚たちも見ることができます。

ビーチダイビング、ボートダイビング、両者ともに盛んで好きなスタイルを選んで楽しむことができるでしょう。

アクセスは、那覇から1時間から1時間30分です。

▲ ページTOPへ

沖縄本島・南部Southern Okinawaダイビングポイント一覧 >>

ダイビングの盛んな沖縄本島において、まだ知られていない未開のポイントも多くあります。

本島と奥武島の間にはさまれたビーチでは、風や波の影響を受けることないため講習に人気があります。また、奥武島や大度海岸の沖へいけば、豪快なドロップオフや洞窟なども待っています。

那覇空港が南部にあるため、飛行機で到着後すぐに潜りにいくことも出来ます。

アクセスは、那覇から30分から1時間です。

▲ ページTOPへ

慶良間諸島ケラマ諸島ダイビングポイント一覧 >>

慶良間とは、那覇から西へ40kmにある大小20ほど島が集まる諸島のことです。

渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、黒島、儀志布島、前島、屋嘉比島、久場島など多く島とダイビングポイントに溢れている。

なだらかな砂地からドロップオフの岩場。穏やかな内海と潮の流れの激しい外海。幼魚やクマノミのコロニーからカメ、サメ、イソマグロの大物まで。慶良間では、豊かな海を見ることができるでしょう。

アクセスは、ボートで那覇から1時間です。朝に港をでて、午前中2ダイブ。船上で昼食。午後1ダイブというのが、スタンダードスタイルです。

▲ ページTOPへ

チービシ諸島神山島 ナガンヌ島 クエフ島ダイビングポイント一覧 >>

チービシとは、神山島、ナガンヌ島、クエフ島の3つの無人島からなる慶伊瀬島諸島の別名のことです。

那覇の港からボートで30分ほどで到着するため、午前2ダイブ。午後2ダイブ。と半日のコースで利用されるも多いです。

到着後のダイビングや、初心者でも潜りやすいポイントが人気があります。しかし、豪快なドロップオフや数百匹以上の大群に出会える上級者向けのポイントもあります。

アクセスは、ボートで那覇から30分です。